chayarokurokuroの雑記ブログ

読書記録、書評、歴史(九州王朝)など

「アメリカ牛は成長ホルモン剤漬けで体に悪い」

と、国民民主党岸本周平議員がツイートしていた。
大蔵省・財務省出身で小泉竹中政権の元で働いていたような人であるからアメリカ通なんだだろう。TPPの推進もしている。そのような人物が「アメリカ牛は危険」だと言うのだからそうに違いない。「不快な気持ちにさせてすみませんでした」とか言っているので、言ったことの中身については間違いでもないということか。
アメリカ牛の危険性で検索するとたくさん出てくる。医学的な根拠があるようだ。EUで禁止されているような成長肥育ホルモン剤を投与して成長促進を早めているとある。その薬の残留物が食べて体内に取り込まれ、発ガンを引き起こしているようだと。医学論文もいろいろ見つかる。
気持ち悪いもん食わされてるんやね。
数年前に100歳ぐらいで亡くなったデイヴィッドロックフェラーは自家栽培の物しか口にしなかったらしい。気持ち悪い薬品作ってるのは彼らの会社なんだろうけど。