chayarokurokuroの雑記ブログ

読書記録、書評、歴史(九州王朝)など

新型コロナウイルスの茶番劇

日本では毎年、1日あたり300人以上の人が肺炎で亡くなる。1日でです。
なぜコロナウイルスで騒いでるのか未だに俺はさっぱり理解できませんね。ぶっちゃけ「コロナは四天王のうちでも最弱」ぐらいのレベルじゃない?風邪程度でしょ?なに騒いでんの?馬鹿なんじゃないの?
と余裕ぶっこきまくってますけども。早死にするタイプか。
外出や入国を制限するほどガチでヤバいウイルスなら、例えば風邪ぐらい簡単に伝染するエボラ出血熱とかなら洒落にならなさそうなので、そのぐらいはやるかなとは思う。
で、ガチでヤバかったら毎晩ゴールデンタイムで特番組むね、ゲストにマトモな医者を呼んで。自分がテレビやマスコミ社員なら。でもそんなことどこもやってないし。
そもそもダイアモンドプリンセスに突撃した神戸大の岩田某は上智卒じゃん、あんなもんイエズス工作員でしょ。鬱陶しい。「騒ぎを大きくしろ」だのとミッション受けてんでしょ?という陰謀脳発症はコロナウイルスの作用だろうか。


大前研一とかピーターシフとか一部の経済人もコロナで騒ぎすぎだとか本質的ではないとか言ってるようだが、中国はたぶん生産や投資過剰な国内経済状況を縮小させたいためにコロナウイルスを利用したんじゃないのか。アメリカはバブルなんでこちらも縮小させたいが為に過剰反応を利用している。その他の小国はそれら大国の経済調整の起こす波風対策でウイルスの過剰反応を利用している。というか、アメリカ主導のグローバル経済はオワコンなので終わらせましょうか、ぐらいな感じかしらん。世界構造の転換というような。最悪、第三次大戦も視野に、みたいな。

グレタ・ツンベルク&ロスチャイルドの大勝利ではないか。