chayarokurokuroの読書ブログ

読書記録、書評など

麒麟がくる 近江国朽木氏/足利将軍家/継体メモ

本日3月29日放送の大河ドラマ麒麟がくる」のメモ。

足利将軍家が身を寄せた近江国高島の朽木氏(くつき)。
朽木氏は高島市北部の朽木庄(朽木谷)を領する、宇多源氏佐々木氏流高島氏庶家とWikipediaにある。
近江国高島と言えば、高島三尾の産まれの継体天皇が思い浮かぶ。
「高島三尾」を地図で調べると、周辺に継体と安閑の遺跡のようなものが幾つか見つかる。近くには琵琶湖に注ぐ安曇川という名前の川。上流には「朽木」「伊香」と「蓬莱山」の地名も。
継体は蓬莱の丹砂と、越国の三国の塩で力を付けていたのだろう。