chayarokurokuroの雑記ブログ

読書記録、書評、歴史(九州王朝)など

坂靖『ヤマト王権の考古学』新泉社

読む価値なし。

この著者は蘇我氏について書いた最近の本もあるが、読むのは時間と金の無駄。



追記
倭の五王」でカチンと来たので読む価値なしと書いたが、そこを無視すればまともな本だと断っておきます。
著者は、邪馬台国畿内説は考古学的にないとしている。近畿には中国や朝鮮との交わりの証拠がない。
ヤマト王権」についても中央集権的な意味ではなく、地方豪族というような規模での「王権」に限定した書き方。
天皇」「大和」のような単語については、実証的に7世紀と8世紀に登場するので記紀を読む際に注意がいる。また特定の人物について数人を架空としている。

そこまではいいとして、 倭の五王については初っぱなに「大和に倭の五王がいたことは確か」だとブチ上げ、結局最後まで証拠らしい証拠を挙げてはいない。
「学問の信頼を損ねる」とイントロで書いておきながら、これかよと。ふざけてるのかと。