chayarokurokuroの雑記ブログ

読書記録、書評、歴史(九州王朝)など

ワクチンによる死亡者増加を国は必ず隠す

各国はワクチン接種により死亡者数を抑えられていない。むしろ増加させているという報告もある。殺人ワクチンか。アメリカの製薬会社と経営コンサルタント会社と医学アカデミーはオピオイドで殺し足りなかったらしい。



コロナワクチンによる副作用で障害や死亡に至っても、製薬会社は免責となっている為に訴えることができない。全責任は国が背負う。もちろん税金。そのとき国はどういう態度を示すか。
全力で隠蔽するか力ずくで捩じ伏せるに決まっている。
原爆も水俣薬害エイズも肝炎もそうしてきたろう。何十年も訴訟をやっている。原告が死ぬまで国は認めない。
そういうことだから、コロナワクチン被害に対しても必ず同じことをする。
具体的に考えられるのは、

  • 死亡者数を低く公表する
  • 死亡原因を別のものに置き換える
  • 最悪、データそのものを全て非公表にする

マスコミは現在「京都と鹿児島でイギリス変異株の感染者が見つかった」というニュースを流している。「変異株でワクチンが効かなかったから死に至った」と誤魔化す言い訳づくりのニュースか。殺人ワクチンを打たせる恐怖心の植え付けコミコミ。

コロナやインフルエンザウイルスは1ヶ月に1~2度変異する。武漢がどうのと騒ぎ始めた1年前から現在の感染者のかかっているウイルスはかなり別物で、患者がそれらのウイルスのどれに感染しており、どんなメカニズムで重症化したり死亡に至るかを医者でもハッキリ言えないだろう。PCR検査が何を検出しているのかも含めて。
イギリス変異株とやらがどのような性質のものかもマスコミは分かっていないし伝える気もない。ひたすら恐怖を植え付ければ済む。

コロナ騒動そのものが科学やファクトに基づいておらず、42万人死亡の分析もGoTo殺人政策や効果なしの殺人緊急事態宣言も何の検証もされない、オカルト政策国民大粛正なので、この際どうでもいいと政治家やマスコミはヤケクソかもしれないが。



昨年の12月半ばにオーストラリアの大学と製薬会社がコロナワクチンの開発を中断中止したというニュースがあった。ワクチンを接種した人がエイズ陽性になった為だという。そのコロナワクチンにはエイズ遺伝子が使われていたのですが、
【参照】コロナワクチン開発に暗雲 候補2種が遅延・中止 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

ファイザーなどのワクチンもなのか。ワクチンは抗体依存性免疫増強という症状を引き起こすことがあるというが、実はワクチンに使われたエイズ遺伝子による免疫不全なのではないのか。ワクチンを接種する事により、本来なら何の変哲もないウイルスで死に至るようになってしまうというような。

いや、そんなことはこの際どうでもいい。ヤケクソなのだ。騒いで経済を悪化させて現役を潰し、ワクチン打たせて死なせ、発ガンと不妊症で人口削減でき、めちゃくちゃになった所にバブル崩壊からのハイパーインフレが襲い掛かり、関東大震災の復興五輪が流れて第二次大戦に突き進んだように今度もまた復興五輪が流れて大戦に突き進むつもりなのだ。



筑紫君阿倍磐井から蘇我氏政権へと移つり乙巳の変中大兄皇子中臣鎌足に首を取られて白村江で倭国滅亡という道筋を、安倍政権から菅政権、そして菅正剛の総務省接待までなぞって来ている。あとはコロナオカルト騒動で国民粛正をやりながら、中大兄皇子鎌足が登場して白村江まで突っ走るのみ。



吐き気がしてくる