chayarokurokuroの雑記ブログ

読書記録、書評、歴史(九州王朝)など

お悔やみ 柔道・古賀稔彦さんが死去53歳

1992年バルセロナ五輪の柔道男子71キロ級金メダリストで「平成の三四郎」と称された古賀稔彦(こが・としひこ)さんが24日、川崎市の自宅で死去した。関係者が明らかにした。53歳。佐賀県三養基郡みやき町出身。



肥前一宮のひとつ、千栗(ちりく)八幡宮の石段で小さい頃から強靭な足腰に鍛えていたそうです。佐賀に帰省すると家族で必ず千栗八幡宮にお参りに来ていたと。



古賀 稔彦
(こが としひこ、1967年〈昭和42年〉11月21日 - 2021年〈令和3年〉3月24日)
日本の柔道家(八段)。環太平洋大学教授(弘前大学博士(医学))。日本健康医療専門学校校長。
中学1年で上京。柔道私塾講道学舎に入門する。世田谷区立弦巻中学校から世田谷学園高等学校日本体育大学体育学部武道学科に進学。



主な戦歴

1981年の中学校柔道大会から優勝の連続。
古賀稔彦 - Wikipedia



ガンの闘病中だったそうです。53歳、早すぎる。ご冥福をお祈りいたします。