chayarokurokuroの雑記ブログ

読書記録、書評、歴史(九州王朝)など

政治と芸能

まいど自民党の政治家が不正や失態をやらかします度に、芸能人の不倫や麻薬のニュースが飛び込んで参ります。朝から晩までニュースを埋め尽くすだけの麻薬中毒芸能人を準備しないと足りないのではないか、 正直国民は皆いい加減にしてくれとウンザリしているのではなかろうか。知らんけど。
しかし、かなり嫌気の指す政権だ。自民党OBや官僚OBなどはアレにブチギレせんのかな。

ところで、日本の歴史で芸能が最初に出てくるのは、スサノオがヤリ散らかしたせいでアマテラスが天岩戸に引きこもる時に登場するアメノウズメでしょうか。芸能の神と言われております。胸を丸出しにして裸踊りをしますと八百万の神々がゲラゲラと笑い転げて面白がる。アマテラスが居なくても世の中明るくなるじゃないかなどと騒いでいる。
アマテラスは何かしらと気になって顔を出した隙に怪力の手力男が引きずり出した。
アメノウズメは猿田彦の嫁になったという話しもあり、猿楽について関連付けた説もある。
宗像三女神の母であるアマテラス、鏡づくりの神も出てくるので比較的新しい時代、弥生後期もしくは古墳前期ぐらいだろうか。縄文時代に芸能がなかった筈もないとは思うけどね。